ラブグラ通販あんしんナビ

ラブグラの正しい飲み方。適切な用量は1回何錠?飲むタイミングは?

ラブグラの飲み方は1日1回半錠(50mg)まで!心配なら4分割して服用した方が安全。ラブグラの服用間隔は24時間以上!

女性用に開発された女性用バイアグラと呼ばれているラブグラの飲み方は、1日にあたり1回半錠、つまり50mgまでが一般的な用量となっています。効き過ぎが心配で用法用量を見直したいのであれば、更に分割して4分割の25mgを1日1回とするのが良いでしょう。

また、ラブグラの服用間隔は少なくとも24時間に1回ですので、一度服用したら次回は24時間以上空けてから服用することが大切です。ラブグラの服用間隔が短過ぎると、短時間の内に体内にラブグラの成分が蓄積するので、副作用が発生しやすくなる恐れがあります。単純に薬の効き過ぎもあり得ますから、やはり服用間隔を守ることがポイントです。

1日1回4分割の25mgも、安全を考慮した上での用法用量です。ラブグラがどの位の量で効き目があるのか不安な時は、25mgから飲み始めるといいでしょう。4分割は実際にやってみると綺麗に割るのは難しいですが、しかし多少の誤差は許容することが可能です。安全性と利便性のバランスを取るのであれば、半分で済む半錠の50mgをおすすめします。

ラブグラはいずれにしても、1日1回1錠(100mg)は日本人にとって明らかに飲み過ぎですから、最低でも半錠にすることが必要です。過剰摂取はリスクが高く安全性が保証されないので、必ず用法守って服用しましょう。ラブグラも服用する方によって効き目は違います。少ない量から自分に合った量をみつけ、安心してラブグラを服用しましょう。

ラブグラを服用するベストなタイミングは行為1時間前の空腹時!

ラブグラの服用におけるベストタイミングは、行為を始める1時間前となっています。それも空腹時が最も理想的ですから、早めに食事を済ませてタイミングを合わせることが大事です。

ラブグラは食事の状況が効果に影響を与えやすく、特に脂肪分が多めの食事だと吸収されにくく、効果が発揮されにくいとされます。空腹で行為に集中できないのであれば、お腹いっぱいではなく控えめに軽食を摂るのが良いでしょう。
この場合にも脂肪分には気をつけ、ラブグラの吸収を妨げないことが何よりも肝心です。

1時間前というのはあくまでも目安の1つで、確実性を考慮するのであれば、食事は2時間前には済ませたいところです。効果の発現は服用の40分~1時間後ですから、このタイミングに合わせて食事や服用を行うようにしましょう。

当然ながら一番理想的なのは空腹時に、1時間前の段階でラブグラを飲むことです。
ラブグラを飲んだ後すぐにに食事をしたり、アルコールを摂ると期待の効果が得にくくなるので、これらも要注意となります。

食事が影響を与えるのは確かですから、食べ方や空腹状態にする工夫が必要不可欠です。多少ズレても効果がないわけではありませんが、期待の効果を実感したいのであれば、推奨される飲み方を実践することが求められます。

ラブグラ服用前後の正しい食事の摂り方について。食事と服用の時間の間隔

ラブグラは服用前後の食事の状況が大切なポイントで、食事はラブグラの服用の2時間前までに済ませること、ラブグラ服用後に食事をするなら食後30分経ってから飲むことが欠かせないです。

食前の空腹状態はラブグラの吸収や効果にとても良い影響を与えるので、飲む直前にお腹がいっぱいなのは論外だと言えるでしょう。勿論、多少胃の中に食べ物が残ることはあっても、完全にラブグラの効果が失われるわけではないです。しかしそれでも限りなく完全な空腹に近い方が良いのは事実です。

2時間前に食べ終える必要がある理由は、食後胃の中から食べ物がなくなるのに数時間を要することにあります。できれば3時間程度は空けたいところですが、2時間あれば取り敢えずはラブグラを飲めるベストな状態になります。
当然ですが、食べ過ぎや脂肪分の摂り過ぎは2時間では解消しませんから、食べるものに気をつけることが大前提です。もし忘れてそのような食事を摂ってしまった場合、3時間程度は空けてからラブグラを服用しましょう。

空腹時に飲むことができればベストなので、後で何か食べるにしても、ラブグラが吸収された後が賢明です。その目安となる時間が約30分で、服用してから30分以上経過してから食事を摂るようにしましょう。
この場合も食べ過ぎは良くないですから、飲酒と共に避けるのが正解となります。

ラブグラは飲み方1つで効果や副作用の出方が変わってしまうので、改めて確認しておくのがおすすめです。

ラブグラの飲み方で大切なのは用法と時間を守ること。用法を守って副作用のリスクを減らす。

ラブグラの飲み方において大切なのは、用法と飲む時間のタイミングを守ることです。

ラブグラの用法は1日1回で、空腹時に1回25mg~50mgの用量を服用するのが正しい飲み方です。1錠あたりの用量が100mgですから、そのままだとラブグラは飲み過ぎになってしまいます。だからこそ半分に割る、4分の1にに割ってから飲むのが安全というわけです。

ラブグラは医薬品であるので他の薬と同様に水かぬるま湯、なければお茶が無難です。食事は服用の2時間前に済ませるか、食事がどうしてもしたいのであれば、服用後に30分程度は時間をおいて食事を摂りましょう。

薬には副作用がつきものですが、飲み方1つで減らせますから、改めて正しい方法を確認したいものです。ラブグラも推奨される飲み方を守ることができれば、副作用を抑えつつ効果を引き出すことができるはずです。

ページの先頭へ