ラブグラ通販あんしんナビ

ラブグラの副作用について。発症時の正しい対処法も併せて解説!

ラブグラの代表的な副作用は頭痛・ほてり・鼻づまりなど軽度な症状

ラブグラは女性用のバイアグラと呼ばれている医薬品す。服用することで不感症や性行痛を改善させたり、濡れやすくさせてスムーズな性行為を実現させたりなどの効果が期待できます。

高い実感力を得ることができる医薬品であるため、副作用のリスクもつきまといます。
副作用の代表的なものは、頭痛やほてり、鼻づまりなどの軽度な症状です。下痢や腹痛や吐き気などの胃腸障害を引き起こしてしまったり、低血圧に陥り寒気や眠気が生じてしまったりすることもあります。
視覚異常や胸の痛みや動悸など重度な症状を引き起こすケースもあるため、それなりの覚悟を持って服用しましょう。

ラブグラで挙げられる副作用は、血行促進によるものです。ラブグラには血管拡張作用があり、それが性的な刺激や感度のアップにつながっています。ラブグラの有効成分であるシルデナフィルの効果である血流を促進させることで、このような副作用が生じてしまいます。

ラブグラの服用で鼻づまりが起こるのは、血管が拡張されることで鼻腔が狭くなることにあります。顔がほてって赤くなる人もいます。このような症状が起こり得るということを予め理解しておけば、服用によって万が一症状が出てしまった場合でも冷静で対処できるのではないでしょうか。いずれにしても軽症だということがほとんどです。

ラブグラに限らず、高い効果が期待できる医薬品にはそれなりのリスクが伴います。しかし副作用が全てが重い症状ではなく、重くなるのは稀だと理解しておきましょう。

ラブグラの副作用で頭痛が続くならロキソニンなど頭痛薬で緩和が可能

ラブグラを服用することによって生じる代表的な副作用として頭痛があります。頭痛が続く場合はロキソニンなどの鎮痛剤で対処しましょう。ラブグラは服用中でも鎮痛剤を用いて症状を緩和させることが可能です。

胃の痛みや胃もたれ、吐き気、胸やけなどの症状がある場合は胃薬を服用し、腹痛や下痢などの腸の不調があらわれた場合は整腸剤を服用するようにしましょう。出てしまった症状ごとに対処するというのがベストです。

ラブグラの副作用での頭痛の症状は緩和させたいけど、併用する不安がある方や薬には頼りたくないという方には、こめかみの部分を圧迫して血流を阻害したりしてみるのもいいでしょう。他に頭を冷やして血管を収縮させたりなどの対処方法が有効的です。血管が広がることで頭の痛みが生じてしまいますので、温めたりなど血管がさらに拡張されるような行動をするのは避けましょう。

ラブグラは鎮痛剤などとの併用には何も問題のない医薬品です。ラブグラとの併用することへの不安がなければ症状によって薬を使い、辛い症状から避けるようにしましょう。そうすることでラブグラを服用することも気楽になっていきます。

ラブグラの副作用は有効成分の血中濃度が薄まる服用後5時間までに軽快するケースが多い

ラブグラを服用した際に生じる副作用のあらわれ方には個人差があります。ラブグラの服用から1時間が経過した頃がピークとなり、服用後5時間以内に解消されるというケースが多いです。これは、ラブグラの有効成分の血中濃度が大きく関係しています。服用後1時間が最も血中の有効成分の濃度が高い状態で、その後だんだん濃度が低くなり症状も弱まっていくというメカニズムです。これはラブグラの効果と比例していきます。

副作用の症状が出るのは一時的で、翌日まで頭痛や吐き気、腹痛、下痢、ほてり、鼻詰まり、寒気、眠気などの症状が続くわけではありません。
寒気や眠気は、血管拡張作用によって血圧が低下することで引き起こされる症状です。ラブグラを服用してからだいぶ経っているのに寒気などの症状が解消されない場合は、血圧を測定してみましょう。いつもよりも血圧が低い状態が続き、めまいや立ちくらみや体のだるさなどの症状が伴う場合は、早めに医療機関を受診して医師に相談する必要があります。

医師に相談するときは、ラブグラを服用したということをきちんと伝えることが肝心です。恥ずかしがらずに全てを包み隠さずに伝えることが、症状の改善への近道となります。

ラブグラの服用によって副作用があらわれるタイミングや緩和されるタイミングを知っていれば、副作用に適切な対処をすることができます。

ラブグラの副作用で注意が必要な重度な症状。発症後はすぐに病院へ!

ラブグラ服用によって起こり得る副作用は、軽度なものから重度なものまであります。視覚の異常や胸の痛み、激しい動悸、切れ、頻脈などの重い症状が出てなかなか治まらない方もいます。しかし、この重度な副作用が発症するのは、とても稀なことだという事を最初に理解しておきましょう。

胸の痛みや激しい動悸などはあらかじめどういった症状になるかは理解できると思います。視覚の異常は物が重なって見えてしまうことや、小さなゴミが飛んでるように見える飛蚊症などのことをいいます。

ラブグラの重い副作用と言われる視覚の異常は、青視症と呼ばれるものです。ラブグラの有効成分であるシルデナフィルはPDE5阻害する作用があります。それが視神経にも影響が出てしまうことがあるために、青っぽく見えるようになります。もし初期の症状として目がチカチカしてしまうようなことがあった場合は、慌てずに安静にすることが肝心です。急いで病院へ行こうと車の運転をするような行為も必ず避けておきましょう。

ラブグラの服用後に重度な症状などが出てきた時には服用するのを中止して、医療機関で医師に相談し、適切な検査と治療を受ける必要があります。

ページの先頭へ