ラブグラ通販あんしんナビ

ラブグラとアルコールの相性。効き目を引き出す飲酒のコツを紹介

ラブグラ服用前後の飲酒は適量までなら問題なし!

ラブグラは不感症の悩みを抱える女性にとって、救世主ともいえる医薬品です。
男性のED治療薬として使われているバイアグラに含まれているのと同じシルデナフィルという成分が有効成分として配合されています。感じにくい、また濡れにくいといった女性に効果をもたらします。

ラブグラは使用上の注意として、特に飲酒については記載されていません。そして医学的なところでは特にラブグラとの併用を避けなければならないということはありません。うまく使えばリラックス効果も得られますし、ラブグラの効果もさらに高まることが期待できます。

しかし、シルデナフィルは血管を拡張して血流をよくするという作用があります。なのでラブグラとアルコールは併用すると酔いが回るのが早いといったことは注意点として挙げられます。適度な量のアルコールであるなら、精神状態を落ち着かせてリラックスできますので、ラブグラの効果も高まることが想定されます。

もともとアルコールの強い方は少し普段よりも量を減らす方が好ましいです。普段からほとんど飲まないという方や弱いと感じている方の場合、できればアルコールは控えたほうが良いです。

あくまでも適量であればという条件付きではありますが、ラブグラの副作用が出やすくなるといったことはあまりありません。特に気にすることはありませんので、安心して服用しましょう。

お酒に弱い体質ならラブグラ服用前後の飲酒は控えた方が無難

普段から飲酒習慣があり、量も結構飲めるという方であればラブグラと併用してもそこまで問題はありません。しかしより効果的にラブグラの効果を引き出したいのであれば、服用前後のお酒の量は考慮した方が良いでしょう。

アルコール分解能力が弱い方は、できるだけ飲まない事をおすすめします。
アルコールに弱いかどうかというのは、パッチテストをすれば調べることもできますし、医療機関でも検査してもらうことができます。一般的には顔が赤くなる方というのは弱い傾向がみられます。普段から少量のアルコールで酔ったと感じるのであれば、注意をしておいた方がいいでしょう。

少量でも頭が痛くなったり吐き気がしてしまうという方は、分解能力が体質的に弱いことが考えられます。ラブグラを服用するときには効果が抑えられてしまうことも想定されますので、控えた方がいいでしょう。ラブグラを服用する時は飲酒はしないことを推奨します。

ラブグラ服用時にお酒を飲み過ぎるとどうなる?

ラブグラには血管を拡張して血流を良好にするという作用があります。その作用のために性器周辺の血流も良くなって感度も高まったり、膣内も潤いが満たされるといった効果の期待ができます。
適度な飲酒であればそこまで問題はありません。しかしお酒を飲み過ぎてしまいますとアルコールが体内に回るスピードが急速になり、酔いを早めるという作用が出てしまうことがあります。

お酒を飲み過ぎてしまいますと、ラブグラの効果が持続する時間の減少にもつながりますし、さらに効果自体も低下してしまうという恐れもあります。血中濃度が必要以上に高まれば、副作用が出てしまうことも想定されます。

普段からお酒を結構飲むという方ですと、ちょっと飲んだぐらいではあまり変化がなく逆にリラックス状態になるので良いとされています。しかしその反面で飲み過ぎればデメリットもありますので注意は必要です。

禁止事項として飲酒は特に記載はされていませんが、自分にとっての適量ということを意識してお酒を飲むようにしましょう。しっかりと注意をすればラブグラは危険ではなく、適度に効果が出る医薬品です。

ラブグラと相性が悪いのはグレープフルーツやカフェイン入りのお酒

ラブグラに限らず医薬品を服用する際の注意事項として、グレープフルーツなどの柑橘系の果物、またジュースとともに飲むと副作用が出たり薬の効果が得られないといったことが書かれていたり、薬剤師から言われたことがありませんか。

腸で溶けたり口の中で溶けるタイプ以外の薬は、胃で溶けてなく分解されて小腸に吸収されます。しかしグレープフルーツにはフラノクマリンという成分が入っており、これが小腸への吸収を阻害してしまいます。そのため分解されることなく医薬品そのものの成分が、体内に吸収されてしまうことになり、薬の効果が強く出すぎてしまうことが想定されます。

ラブグラを服用するときには、グレープフルーツはお酒に限らず、ジュースも含めて摂取しないように気を付けましょう。同様に緑茶などカフェインも血中濃度が高くなったり、副作用が強く出てしまうことがありますので摂取は控える事が大事です。

ただ、ラブグラを服用する際に柑橘系が全ていけないということではありません。あくまでもグレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分が問題です。グレープフルーツ以外ですと夏みかんや八朔、ライムなどで、他の食品だとパセリやセロリにも含まれています。
また、同じ柑橘系でもレモンやゆず、温州みかんなどにはフラノクマリンは含まれていないので安心です。

ページの先頭へ